jcssでの校正サービスの特徴

商品の品質を確保するためには製造工程や環境を監視し、商品の測定を行う必要があります。適正な結果が維持されることが安定した品質を保証します。そのエビデンスとなるのが監視結果、測定結果です。その適正さは監視機器や測定機器の適正さによって影響を受けます。品質保証ではそのための点検を行い、校正によって狂いがないかを確認する必要があります。それが校正です。校正サービスは多くの事業者で提供されています。でもどこに依頼しても同じわけではありません。校正するためには適切な技能がある事業所でなければいけません。また、校正に使われる標準は国際的に通用する国家標準である必要があります。その両方を実現できるのがjcss制度によって提供される校正サービスです。

校正で必要とされる適正であること

測定機器や監視機器を使っていて必要となるのが校正です。日々の業務の中で測定している値が適正でなければ、品質を維持することができず顧客や協力業者に迷惑をかけることになります、そのために適正な値を得ることができる状態を維持することが重要です。その適正さを証明書だけで示すことができるのがjcss制度です。この制度を利用して校正サービスを行なっている事業者から得られる証明書は、それだけでその校正が国家標準器までトレーサビリティーを得ることができることを示しています。つまりこの校正サービスを利用すれば他に説明を必要とせず、計量法に基づいて国家標準に紐づいて、適切な技能を持った事業者が校正を行なったことが明らかになります。余分な費用も資料も必要としません。

ワンストップテスティングを活用できる

商品の検査は時間もコストもかかります。でも品質が確かであることを確認するためには省略するわけにはいきません。そのため何度も行うような事態だけは避けたいと思います。jcss制度を利用した校正サービスの証明書ならば相互承認を締結した外国でも通用します。使用した測定機器がこの校正サービスで適正さを確認されていて、それを使って検査をした結果であれば、海外でも通用する結果となります。つまり一度の検査が海外での検査の省略につながるワンストップテスティングを実現します。だから現地での試験のために余分な時間もコストも必要としません。国内と同じ検査結果で十分ということになります。それはjcss制度が国家標準にトレーサビリティーがあることと十分な技能をもった事業者で校正が行われていることを保証するものだからです。