現代日本におけるjcssの役割

日本の技術は世界的に見ても高く、多くの国で高い評価を得ています。そのため国内の需要だけでは利益を確保できない事業者の多くは海外展開を進めています。今ではインターネットによって簡単に情報提供ができるようになったため従来のような大企業だけが行うような時代ではなく一部の製品に特化した事業を行なっている小規模な業者でも海外に展開することが多くなりました。評価の高い日本の技術や品質を支えるためにも適正な試験結果を示す必要があります。海外は日本よりもデータによる根拠を求めます。そんな時に需要なのが計量法トレーサビリティーの確保できる校正証明書を添付できる試験結果です。その校正証明書によって相互承認を締結している国では試験結果の信頼性が保てることになります。

海外展開に必要な現地の規制対応

海外に展開する時に注意が必要なのが現地の規制です。国際標準が普及したことで多くの基準は整合が取られるようになりました。そんな中で現地の要求事項が満たされていることを記録によって示さなければならない時があります。国内で実施した試験検査と要求が同じであればその結果を流用することができますが、その時の問題となるのが、測定機器の校正です。検査結果が基準を満たしていてもその測定器が校正されていなければ意味がありません。そのため使用した測定機器に関する校正の記録を求められます。相互承認を締結している国ではjcss制度による校正証明書を利用することができます。海外展開を進めていくにあたって無駄な時間やコストをかけないために、この制度が維持され活用されることが重要となります。

海外からの監査対応に活用できる証明書

海外展開することで取引先や規制当局からの監査を受け入れることがあります。今後も取引を続けるために信頼を得る必要があります。また、規制当局の監査の場合は、適合性が示さない場合、回収や販売停止などの処分を受ける恐れがあります。監査ではいろいろな資料を閲覧され、その信頼性を確認されます。特に使用している測定機器や監視機器の校正について、その適正さを求められます。そこで有効なのがjcssの校正証明書です。計量法トレーサビリティーを示すことができるため、国内で最も適切な校正証明書となります。また、国際標準と比較されて校正された国家標準へのトレーサビリティー体系があることから国際的にも妥当な校正ということになります。jcssの校正証明書を提示することでスムーズな監査対応ができるようになります。